遺品整理で最後の別れ|さよならメモリーズ

散骨で温もりを

散骨することの意味とは

最近の遺骨の埋葬方法の一つとして、散骨する方も増えているようです。散骨とは、焼骨を細かく砕いたものを船や飛行機などで散布することをいいます。葬儀の埋葬といえば、土葬、火葬が一般的です。しかし、散骨する方が多いのは、なぜなのでしょうか。散骨することで、海や山に遺骨を自然に帰すことが出来ます。特に海に散骨することは、日本人の意識の変化に伴い、認知度が少しづつ上がってきています。まだ現在の日本では、土葬火葬が当たり前という認識が強いのですが、それにもかかわらず散骨の概念が広がってきたのは間違いないのでしょう。これは、日本全体に散骨の良さが広がってきたと思われます。このように、埋葬方法は時代と共に変化しているといえます。

利用するための方法とメリット

では、散骨を利用するためにはどうすれば良いのでしょうか。散骨するためには、特別な許可や申請は必要ないので誰にでもできる方法なのです。自分で行えば費用もかからず、手作りの温かみのある葬儀を行うことが可能になります。葬儀用の喪服も不要ですし、遺骨だけを持っていけばよいのです。時間に縛られることもなく、ゆっくりと故人との思い出に浸ることもできるメリットがあります。しかし、周囲の人に反対されたり、自分でも迷っているなどの悩みがある方も多いでしょう。その場合は、信頼できる業者にお願いするほうが安心です。各地域や海域で、特色あるサービスを利用することができます。自分たちのイメージに合った葬儀が行えるように、複数の会社を比較してみることをお奨めします。