初期段階での治療

「巻き爪」に悩まされている人はたくさんいるのではないでしょうか。
私の母も、以前ひどい巻き爪になってしまい歩くのも辛い、と嘆いていました。
その後きちんと治療を受け、今では痛みを感じることなく歩き回れるようになりました。放っておくとどんどん悪化する危険がありますのでなるべく早く病院で治療を受けるようにしましょう。

巻き爪の治療は、皮膚科で受けることができます。
皮膚科といえばアトピー性皮膚炎やニキビ、じんましん・・・といったお肌のトラブルのときにお世話になるイメージもありますが巻き爪の治療を受けることもできるんですね。
皮膚科では巻き爪の進行具合によって治療方法も変わって来ます。初期段階ですと爪の部分的な切除だけで治ることもありますので、違和感を感じたら早い段階で皮膚科で受診することをオススメします。

巻き爪は発生する原因がいくつかあります。原因に応じて最適な治療法というのも異なるでしょうから、専門医師の元で自分に合った治療をみつけましょう。
巻き爪の原因としては、生まれつき爪の形が変形しているために起こる先天的要因と、生活習慣・環境によって爪が変形する後天的な要因に分けることができます。
原因をきちんと把握し、再発のないように改善していくことも巻き爪の治療では必要となってくるでしょう。

関連リンク